諦めないニートの就職!最前線の情報をお届け

*

内定通知を受諾してから

   

内定通知を受諾してから

 ニートの皆さんも第一志望の会社に内定したのなら、これまでの転職活動の苦労が実って嬉しさやほっとした気持ちに包まれているかもしれません。最後の面接の時点で、労働条件や給与額、その他待遇について未定の項目がある場合は、内定の受諾を行う前に、会社に自分から連絡をして話し合って決める必要があります。この内定通知を貰ってから内定を受諾するまでの期間が、交渉の最終タイミングと言われます。不明瞭な雇用契約になっていないか?!自分の働く条件ですからしっかり確認しましょう。

 入社日の決定をするのですがニートの男女であれば在職中ということはないはずですので、内定先の提案を受け入れましょう。それから雇用契約書の確認と入社手続きに入ります。法によって定められている通り、内定先と「雇用契約書」を交わします。雇用保険被保険者証、年金手帳、源泉徴収票といった必要書類を会社に提出します。就業規則を手渡されることがあるかもしれません。その場合はしっかり入社日までに読んでおきましょう。

雇用契約書についてチェックポイント

 内定してから企業と取り交わす「雇用契約書」(労働契約書とも呼ばれます)は、あなたがこれから入社した会社でどのような条件で働くか?という点についてはっきりさせるために文章にまとめたものです。以下のような項目について、入社後のトラブルを避けるためにしっかり確認し、不明瞭な箇所があれば会社に質問しましょう。

 はじめに会社が出していた求人票と大きく相違が無いかどうか?それから「入社日」。会社側の希望入社日が記載されていたり、面接で決定した日付と違う日が入社日に設定されていたらとりあえず会社側に確認しましょう。不都合がなければそれでOKです。

 そして「試用期間」について。正社員待遇であったしても、試用期間を設けている会社は多いですが、その試用期間中の“雇用形態”が何になっているのか?契約社員やアルバイトになっているのか?時給で働くのなら時給はどのくらいか?試用期間全体の長さはどのくらいか?それとも試用期間も正社員なのか?面接の際の説明と相違ないかチェックしましょう。雇用、労災、健康、厚生といった保険は基本的に必ず加入するので、すべての労働者に適用されます。

 - 内定が決まったら入社までにすべきこと

  関連記事

試用期間が設定されていて不安な人の処方箋とは?

 ニートの人で就職活動していて、面接で採用担当に「もしうちの会社に入社してもらっ …

内定後の過ごし方によって変わる社会人生活1年目

生活のリズムは整っていますか?  内定後の過ごし方、ここに重きを置くかどうかで、 …

入社準備に欠かせない自己紹介の用意

何を言えばいい?入社式での自己紹介  入社式、緊張しますよね。会社によってはこの …

ニートが欠かしてはいけない入社契約書のチェック

最重要チェックポイントである入社契約書の内容  内定が取り消されず、あなたも辞退 …

gf1950067693l
第一志望以外の会社からの内定通知はどうしよう?!

第一志望以外の会社からの内定通知はどうしよう?!  内定通知ですが新卒採用でない …

af0060001256l
社会復帰に成功するために入社日までにできること

社会復帰に成功するために入社日までにできること  ニート歴が長い(2年以上)ある …