諦めないニートの就職!最前線の情報をお届け

*

印象を良くする方法とやってはいけないこと

   

採用担当者の印象を良くする方法

 高校・大学・専門学校を卒業し、就職出来ずそのままニートに…ニートといえば聞こえが悪いですが、何らかの事情があって就職していない期間が長い方は、ニュースで報道されるほど意外と多いようです。大抵の方はフリーターとしてアルバイトをしながら何とか生計を得ていますが、一部の方は、自宅に引きこもりニート生活をされているらしく、その期間が長くなる方ほど、気がついた時には手遅れと感じ、就職を諦めてしまっているようです。

 しかし、自信喪失して就職を諦める必要はありません。意外と企業からしてみれば、ニートであろうがフリーターであろうが関係なく、言い人材であれば起用したいというのが本音で、実際にニートから就職を決めた人は、たくさんいらっしゃいます。では、ニートを続けていた方たちが、企業面接で採用担当者の印象を良くするためにどんな方法を用いればいいのでしょうか?実際に有効とされている方法をいくつか挙げていきます。

★ココがポイント
・スーツ着用で身だしなみを綺麗にする。
・元気よく質疑応答すること。
・挙動不審にはならずどんな質問をされても自信を持って答えること。

 採用担当者はニートに対して偏見を持っている方が多くイメージとしては、『人付き合いが下手で挙動不審になりがち』・『何においても自信を持てない』・『覇気がない』と感じています。このマイナス要素を完全に払拭できるような面接での受け答えが出来れば、たとえニートであっても採用担当者の印象を良くすることが出来るのです。

 イメージとしては、ニートであるために就職活動が不利と見られがちですが、最後まで諦めず自信をもって就職活動すればきっと就職という希望は叶います。ぜひ最後まで諦めず、地道に就職活動を続けてみてくださいね。

これだけはやってはいけない面接時の対応

 実務経験から期間が開いてしまい、就職が困難と思い込んでしまっている方たちは非常に多いようですが、採用担当者のおメガネにさえ叶ってしまえば、例えニート期間が長い人でも、無事就職を決めることが可能です。ただ、面接の対応で間違ってしまうと取り返しが聞かないこともあります。それは一体どんなことなのでしょうか?

 一番やってはいけないことはズバリ嘘をつくことです。嘘はバレなければそれほどダメージも少ないかもしれませんが、一度バレてしまうと収拾がつかなくなり、一気に採用担当者の印象を悪くしてしまいます。ただですらイメージが悪いと言われるニートなのですから、嘘は絶対やめましょう。

 素直な気持ちで面接に挑み、誠実な態度で受け答えすれば、きっと採用担当者の印象も良くなりますよ。ニートだからといって、決して就職出来ないわけではありません。諦めない限り就職を勝ち取ることは可能ですので、ぜひ前向きに自信をもって就職活動してくださいね。

 - 採用されるための面接対策

  関連記事

gf1950058451l
無職期間を聞かれた時はどのように答えるのがベスト?

無職期間を聞かれた時はどのように答えるのがベスト?  ニートである期間が長ければ …

よくある質問を把握し万全な対策を

ニートが聞かれるかもしれない質問をピックアップ  面接の担当者から質問を受け、そ …

面接マナーってどれくらい重要?

マナーの良し悪しだけでも変わる印象  面接で最も意識したいのは、面接を担当する人 …

gf1420027543l
面接は自信持って受けよう!

面接時に謙遜した言動は逆効果?  ニートという負のイメージをもっていると、どうし …

面接を受けるための服装を用意しておこう

ニートでも面接の服装はスーツで  ニートだからといって、面接に私服で挑んでいいわ …

本番直前に上がり症を改善できる!?試してみて欲しい3つの方法

「乗り越えた経験」を思い出してみる  上がり症って本当に厄介ですよね。克服できる …