諦めないニートの就職!最前線の情報をお届け

*

本番直前に上がり症を改善できる!?試してみて欲しい3つの方法

   

「乗り越えた経験」を思い出してみる

 上がり症って本当に厄介ですよね。克服できるものならしたい、そう考えるのは自然なこと。でも、その克服方法がわからなければ、この先もずっと上がり症の自分のまま。ここで提案する上がり症の克服方法を試し、これまでの自分と決別してみましょう。

 上がり症の人は、これまでに何度もそのような経験をしたからこそ、そう自覚しているのだと思います。でも、なんだかんだ、今、生きていますよね?つまり、その状況を幾度となく乗り越えたということです。

 その「乗り越えた経験」を思い出してみましょう。過ぎ去ってみたら案外どうってことなかったこともあるはず。それを思い出せば、この先に待っている壁も少し低く見えてくるのではないでしょうか。

「緊張していること」を最初に告げてしまう

 上がり症の自分が出てしまうのは、どのような場面でしょうか。就職活動中の面接時でしょうか。就職を果たしたら、会社で挨拶をしなければなりませんが、これもそうした場面のひとつとなるでしょう。営業活動を行ったりプレゼンテーションなどもそうした場面になり得ます。

 こうした、相手がいて、その人に対して話したりアピールしたりしなければならない場面に遭遇したら、最初に、「緊張しています」と伝えてしまってください。それだけでも気持ちが楽になることがあります。自分の中に溜め込むから緊張が収まらないのです。であれば、それを最初に解放してあげましょう。

「もうひとりの自分」との会話を楽しむ

 緊張してきたら、上がり症の自分と、それとは別の自分を作り出し、心の中で会話をさせてみてください。

 「あー、緊張する」、「え?なに?緊張しているの?」、「うん、かなり」、「今さら緊張してもしょうがなくない?」、「緊張するもんは、しょうがないでしょう」、「まぁ、そうだけど、いくら緊張しても結果は変わらないと思うよ」などと会話をすると、リラックスできるかもしれません。

 自分を客観的に見ることができるからです。人の緊張は自分にはあまり伝わりませんよね。その他人事のような状況を自分の中に作り出すことで、多少楽な気持ちにさせる効果が期待できます。

【関連記事】
面接マナーってどれくらい重要?
よくある質問を把握し万全な対策を
面接を受けるための服装を用意しておこう

 - 採用されるための面接対策

  関連記事

よくある質問を把握し万全な対策を

ニートが聞かれるかもしれない質問をピックアップ  面接の担当者から質問を受け、そ …

面接マナーってどれくらい重要?

マナーの良し悪しだけでも変わる印象  面接で最も意識したいのは、面接を担当する人 …

gf1420027543l
面接は自信持って受けよう!

面接時に謙遜した言動は逆効果?  ニートという負のイメージをもっていると、どうし …

面接を受けるための服装を用意しておこう

ニートでも面接の服装はスーツで  ニートだからといって、面接に私服で挑んでいいわ …

gf1950058451l
無職期間を聞かれた時はどのように答えるのがベスト?

無職期間を聞かれた時はどのように答えるのがベスト?  ニートである期間が長ければ …

no image
印象を良くする方法とやってはいけないこと

採用担当者の印象を良くする方法  高校・大学・専門学校を卒業し、就職出来ずそのま …