諦めないニートの就職!最前線の情報をお届け

*

正規雇用と非正規雇用の違いについて知る

   

 正規雇用(正社員)と非正規雇用とは具体的に何が異なっているのでしょうか?フリーターや派遣社員や契約社員といった雇用待遇は非正規雇用と呼ばれます。最近マスコミなどでも正社員と非正規について論じてあることが多いですね。

 雇用待遇の話は試用期間の問題などもあってわかりにくい面も多いのですが、要するに「正社員」と「正社員以外」があると考えれば納得できるでしょう。

「生涯賃金」の違いについて

 正規雇用と非正規雇用のもっとも大きな違いとは、生涯賃金の格差にあると言えるでしょう。

 生涯賃金とは、ひとりの労働者(フルタイム)が定年まで働いて得ることができる賃金の総額ですが、大卒男性の場合は正規だと2億5千万円以上であるのに対して、非正規雇用であると6千万円程度であり、正社員と非正規で4倍から5倍の格差が生じてしまいます。実際これだけ経済力に格差があると、働き始めても結婚や出産、住宅購入、投資…に踏み切ることができるのは正社員だけになってしまいます。

「キャリアが積めない」という問題

 「非正規で差別されるのが嫌なら正社員になればいい」ということを言う人も多いです。非正規でわりを食うのは自己責任であるという考えです。

 しかしいったん正規社員のコースを外れてしまうと、時間が経って再び非正規社員に戻ろうとしても“キャリアが無い”“キャリアが浅い、即戦力も無い”という面から就職活動の高い壁が立ちふさがって正社員として就職するのが難しいのです。

 企業は中途採用で社員を募集する際にはそれまでのキャリアにもとづく実務能力を重視しますから、フリーターやニートだった人が年齢相応の平均賃金が得られる仕事を見つけるのが相当に大変です。

【関連記事】
仕事探しを確実に行うために
就職活動に欠かせない求人情報媒体の話
絶対に避けたい!ブラック企業への就職

 - 情報収集

  関連記事

就職活動に欠かせない求人情報媒体の話

就職に使える求人情報媒体を紹介  就職活動に活用できる求人情報媒体を紹介します。 …

絶対に避けたい!ブラック企業への就職

ニートが陥りやすいブラック企業への入社  企業には優良企業と悪徳企業があります。 …

仕事探しを確実に行うために

将来の自分のための仕事探しを  仕事探しは何のためにするのでしょうか。もちろん就 …