諦めないニートの就職!最前線の情報をお届け

*

就職活動を成功させるための流れ

 就職活動のやり方にはさまざまな方法がありますが、概ね以下のような流れとなります。それに沿って動いてみましょう。また、ニートの人に適した就職活動というものもあるので、それにも触れながら活動の流れを見ていきたいと思います。

効率良い就職の進め方

 まずは、柔らかい頭を持つこと。就きたい仕事などは持っていてもいいですが、希望や条件なども含め、今の考え方にあまりにも固執してしまうと、苦しい就職活動になってしまうでしょう。可能性は至るところにある、ということを意識することが就職準備として必要なのかもしれません。

【参考記事】
必ずしておきたい自己分析
目的の決め方とメリット
就職市場価値と、その考え方

求人情報の集め方

 求人情報集めにも柔らかい頭は役に立ちます。自分の可能性を広げてくれそうな企業や業界も、例え最初は興味を持てなかったとしても、選択肢からすぐに外さないようにしてください。また、ネットを中心とした求人情報収集のためのツール、これは必ず活用し、多くの情報を仕入れることをお勧めします。

【参考記事】
仕事探しを確実に行うために
就職活動に欠かせない求人情報媒体の話
絶対に避けたい!ブラック企業への就職
正規雇用と非正規雇用の違いについて知る

履歴書の書き方

 最近の求人情報サイトには、履歴書などの書き方に関するコンテンツも備わっていることが多い。こうしたものもフル活用しましょう。ニートの人はこの応募書類に手を抜いたり、書き方を知らないことで上手くアピールできずに損をすることが多々ありますから、そうならないよう、書き方を学んだ上で書類を作り上げましょう。

【参考記事】
知っておきたい履歴書書き方とは?
ニートの人が悩みがちな自己PR
応募書類を送る時の注意点をチェック!

面接を突破しよう

 若い人材、特に就職経験がない人と接する時、面接官は、「しっかりと働くことができるか」をチェックします。つまり、即戦力や過剰な成果を求めるわけではないのです。仕事や正社員というものを理解し、それに向けた準備は整っているということをアピールすることが重要です。

【参考記事】
面接マナーってどれくらい重要?
よくある質問を把握し万全な対策を
面接を受けるための服装を用意しておこう
本番直前に上がり症を改善できる!?試してみて欲しい3つの方法

入社準備をする

 内定を貰ってから入社するまで、何もしなくてもOKというわけではありません。何もしない人は、入社後も何もできないままでしょう。もし、会社に必要とされ、給与アップやスキルアップなどを目指すのであれば、入社準備に手を抜くことは許されません。勉強・予習に取り組んでおきましょう。

【参考記事】
入社準備に欠かせない自己紹介の用意
ニートが欠かしてはいけない入社契約書のチェック
内定後の過ごし方によって変わる社会人生活1年目
試用期間が設定されていて不安な人の処方箋とは?

公開日:
最終更新日:2015/12/14